2017年06月19日

金の異体字?

こういうのを異体字と呼んでよいのかどうかわかりませんが点の位置が上にずれている「金」
2017-mg_0751 - kon.jpg


青面金剛尊の石碑 富岡市曽木地区 旧下仁田街道沿い。

2017-mg_0748-2.jpg


同じような文字の例。 → 金と發の異体字
posted by 蓋散歩びと at 11:53| Comment(0) | 石碑 | 更新情報をチェックする

2017年06月18日

剛の異体字

これも単独では読めなかった字「剛」の異体字
2017-mg_0751-gou.jpg


青面金剛尊の石碑 富岡市曽木地区 旧下仁田街道沿い。

2017-mg_0748-2.jpg
タグ:青面金剛尊
posted by 蓋散歩びと at 18:03| Comment(0) | 石碑 | 更新情報をチェックする

2017年06月17日

福の異体字


はしごだかの髙という髙の異体字がありますが、そんな感じの「福」の異体字
2016-mg_8888 - コピー.jpg


さいたま市浦和の三角稲荷神社の碑 「民福受千秋」いつまでも民が幸せでありますようにという意味でしょうか?
2016-mg_8888.jpg


posted by 蓋散歩びと at 17:42| Comment(0) | 石碑 | 更新情報をチェックする

2017年06月16日

「庚」も難しかったですがこちらはさらに難問「塔」の異体字。昔の人はこんな字も知っていたのですね。あるいは「塔」という字を知らない人が彫ったのか。「塔」派の人と「墖」派の人、お互いにコミュニケーションできたのでしょうか? ちなみに土についている点はマンホール好きの人たちが愛情を込めて呼ぶ「萌え点」。この愛称、文字の専門家からは顰蹙を買っているようです。

2017-mg_0749.jpg

富岡市曽木地区 旧下仁田街道沿い。
2017-mg_0748-1.jpg


posted by 蓋散歩びと at 09:13| Comment(0) | 石碑 | 更新情報をチェックする

ヒゲ付きの申


庚申塔の二文字目「申」左右に髭が付いていますがそれ以外に臼に縦線を引いたような申です。
2017-mg_0749-shin.jpg

富岡市曽木地区 旧下仁田街道沿い。
2017-mg_0748-1.jpg


posted by 蓋散歩びと at 09:02| Comment(0) | 石碑 | 更新情報をチェックする