2014年09月21日

器いろいろ

器の字の中段の「大」が「犬」になっているのが旧字。水道のハンドホールの蓋などで見かけることがあります。

大阪市の量水器の蓋。


この「犬」が「太」になっている異体字もたまにあります。
同じく大阪市の量水器。


今回、見たのは中山道の漆器の里、木曽平沢。漆器店の看板です。
ラベル:
posted by 蓋散歩びと at 19:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 銘板・表札・看板 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。