2014年03月22日

群の異体字:旧群馬県佐波郡赤堀村(現伊勢崎市)の里程標

伊勢崎市役所赤堀支所(昔の赤堀町役場)のそばに石柱が二本ありました。

左は「赤堀村道路元標」 昭和45年に建てられた新しいもので、元の元標の位置はここから5m北であるとの説明も彫られていました。道路拡張工事か何かで撤去されてしまったのでしょうか?


右側の石柱には「赤堀村元標」とあります。裏面には「大正元年十二月建」とありました。

向かって左側面には前橋市と伊勢崎市まで、右側面には東京市と高崎市までの距離が記載されています。この碑は元の道路元標とは別の里程標というもののようです。東京市までの距離は「弐十六里七丁」


正面に戻って、「赤堀村元標」の文字の上は、「群馬懸佐波郡」と書いてあるようなのですが、「群」がそれっぽくありません。


手でなぞったりフラッシュを炊いて撮った写真を日陰で見てみたりしながらかなり悩みました。で、ふと気づいたのが「嶋」を「嶌」と表すような形の異体字ではないかと。調べてみたら、ありました。「」。 ネットで調べると漫画(コミック)のタイトルにも使われているようでした。



(追記)この記事を投稿するやいなや、達人からご意見をいただきました。群馬県章の由来の文字であると。確かにそうでした。
マンホールの蓋にもあります。

posted by 蓋散歩びと at 14:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 石碑 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/392282620

この記事へのトラックバック