2014年05月17日

美良 ← 養

軽井沢町の中山道を歩いていた時に出会った帽子をかぶった廿三夜塔。


廿(二十)を十十と書くのも異体字かもしれませんが、今回の注目点は「供養塔」の「養」。

「美良」のように書かれています。前後の文字から「養」の異体字とすぐに気づきましたが、単独で出ていたら結構悩んだかもしれません。嶋の異体字の嶌や以前の記事の「群」の異体字のように、偏と旁を上下に配置するということはよくある(あった)のですね。自由度高いなぁ。
posted by 蓋散歩びと at 10:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 掲示物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。